【010】「アドセンスの裏側」「アフィリエイト=碇シンジ」なアフィリエイト谷まとめ


録画した「掟上今日子の備忘録」を見て、牛角さんがガッキーガッキー言ってる理由がわかりました。そのせいで下町ロケットは見逃してしまいました汗

というわけで、2015/10/25(日)の谷まとめスタート!↓

アドセンスの裏側

元Google担当者が語る「アドセンスの裏話」を聞いてきた!
こんにちは、もちぼしです。 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。 今日は一般社団法人WEBマーケティング協会主催の「第3回プロブロガー養成講座」に参加してきました! セミナーのタイトルは「元Googleアドセンス担当者が語るアドセンスの裏側」。 WEBで収益を上げている、ブロガーやアフィリエイターに非常に興味深いテーマですよね! 会場となったのは、第2回セミナーに引き続き、上野にある「いいオフィス」でした☆ セミナー講師は、元Googleアドセンスの大手媒体コンサルティングを担当されていた石田健介さん。 現在は、マネタイズパートナー合同会社に勤務、Googleより以前はYahooで勤務されておりインターネットキャリアは10年以上だそうです。 今日は普段はなかなか聞くことのできない「Googleアドセンス広告の裏話」をたっぷり聞いてきましたのでレポートを書きたいと思います! Googleアドセンスの裏話セミナーで話されたこと 具体的には、以下のテーマを中心にお話をして下さいました。 アドセンスの収益を上げる方法 Googleが大事にしていること やってしまいがちなアドセンスのポリシー違反 アドセンスのトレンドについて セミナー参加者3名のブログを生コンサルティング! どのテーマも具体的でわかりやすい内容でしたので、1つ1つ重要なポイントについてまとめていきます。 1.アドセンスの収益を上げる方法 アドセンス収益を増やすにはPV×CTR×CPCを上げよう! アドセンスの収益を増やすためには、まずアドセンスの仕組みを知る必要があります。 よく知られていることではありますが、アドセンス収益は以下の計算式で説明することができます。 ■アドセンス収益 = アドセンスPV × RPM ÷ 1000 (RPM:広告1000回表示あたりの収益、eCPMともいわれます) ですので、アドセンス収益を増やすためには 「PV × CTR(クリック率)× CPC(クリック単価)」の3つを上げていく必要があります! CTR(クリック率)を上げるためには「掲載位置」の見直しが効果的です。 また、CPCを上げるためには「ブログテーマ」「キーワード」「広告の成果状況」の見直し、改善が必要です。   クリック率を上げるために広告サイズ・掲載位置を見直そう!

Smartaleckの河井大志さんが主催するALISAでのセミナーレポートですね。
アドセンスに取り組んでる人は何かヒントが有るのかも?

合わせてコチラもどうぞ。

アドセンス | 元Google担当者が語るアドセンスで稼ぐ方法
アドセンスで収益を上げるためにクリック率や単価の向上策やコンテンツ制作方法をご紹介。アフィリエイトで収入をアップしたい人必見です。アカウント停止にならないための裏話も公開!

電話占いアフィリエイト教室

出会い系アフィリエイト教室、ライブチャットアフィリエイト教室につづいて、もっこりん先生の第三弾は電話占いです!毎回クオリティ高くて、これが無料とは信じられません!続きに期待です!

法人化するときの注意点諸々

事業年度の設定とか、決算月をいつにするか、など知らなかったことが色々有りました。

googleは変わらない?

「18歳未満」とか「いいえ」でYahooが上位表示しているのは有名な話ですが、これはアンカーリンクに引っ張られているから。つまり外部リンク・被リンク重視のアルゴリズムということはずっと変わってないってことですよね。

この検索結果が変わらないかぎりはリンクも死なない、そういうことでしょう。

新規ドメインと中古ドメインの違い

確かに、中古ドメインは助っ人外国人的なイメージありますねw

商品詳細ページをnoindexにする意味

集客ページと成約ページを明確に分ける重要性 – まーさんのビジネスログ
以前から結構意識してやっているのは、集客ページと成約ページを明確に分けることだじぇ~。 元々この考え方は、WEBライダーの松尾さんが賢威5.0の頃から既に提唱していた考え方で、まーさんもその頃から意識していた考え方だじぇ~。 なぜ?集客ページと成約ページを分けなくてはならないのか? 理由は至ってシンプルで、クリアしなくてはならないハードルが多くなるからだじぇ~。 2015年のSEOの現状を考慮すると、集客用のコンテンツは以下の項目を満たしているのが理想的だじぇ。 コンテンツの専門性 ターゲットKWに対して掘り下げて書いたコンテンツ キーワードのバリエーションの豊富さ(共起語) 更新頻度(情報の&

まーさんのブログに言及してますね。スペック比較とかだと差別化はどうしてもしづらいですしねー。

アフィリエイトファクトリーを批判するただひとつの理由

公開されたノウハウとか情報商材をただそのまま実践するしかできない人は、すぐにダメになっちゃいますよね。本質を自分の頭で考えないと。

誰と付き合うかは自分で選べ

アフィリエイターに必要なのは碇シンジである

検索順位の反映が最近速い?

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です